葬儀の流れ

基本的な葬儀の流れをご紹介します。

■連 絡

 ●危篤状態の時は家族・親戚・友人・組内に電話

 ●臨終時は、親戚・組内 等お世話になる方に。

 ●セレモニー新川へ故人様の搬送の依頼。

 ●勤務先等への連絡は、通夜・葬儀 日程が決まり次第連絡

 ●組合に関しては班長の方に全てを依頼する。

■安置・葬儀の準備

 ●自宅又はホールに安置後、寺院への連絡・火葬所の仮予約をする。

 ●葬儀の打ち合わせ(施行方法・返礼品の手配)をする。

 ●組内様と葬儀の打ち合わせ、役割分担の協力を依頼。

■納 棺

 ●近親者の手で納棺し、ホール祭壇前に安置。

■通 夜

 ●通夜式次第

 一同着席ー導師入場ー読経ー焼香ー導師退席ー施主挨拶ー通夜ぶるまい

 ●弔問客に飲食の接待。

■葬儀告別式・出棺

 ●告別式式次第

 一同着席ー導師入場ー読経ー焼香ー導師退席ーお別れの儀ー親族代表の挨拶ー 出棺

 ●棺にお別れの品・生花等で飾り合掌。

 ●葬列し喪主又は親族代表が会葬者に挨拶 出棺する。

  (ご会葬お礼・生前の厚誼に感謝・遺族への支援のお願い。)

■火 葬

 ●埋葬許可書を、火葬所職員が火葬後喪主様へお渡しいたします。

 ●分骨する場合は、分骨かめを用意し事前に役所に申請する。

 ●火葬所休憩室・市の霊柩バスを使用するかの確認。

■精進落し

 ●喪主・遺族が末席に、住職・組内のお世話になった方々にお礼の挨拶をする

 ●挨拶が済んだら近親者は、葬儀で世話になった方々の労をねぎらい接待する

 ●組合世話人代表(班長)から事務を引き継ぎ確認する。